暮らしで湧き上がる死にたさ所感

siaの”chandelier”いい曲でびっくりした。DiorのCMソングだったやつ。昔の自分のこと思い出した。「明日が来ないみたいに生きていた」パーティガールだから傷つかないと思われて、雑な言葉に死にたくなっていた時のこと。君は助けてくれなかった時のこと。信…

幸せは偽薬

前の日記から1年も経っていて、でも何も変わっていない気がします。変わったのはもう人にそれほど会えなくなったことと、伸びた髪、返せないままの傘。誕生日を一人で過ごしたことです。毎日毎日、穏やかにぼんやりと生きていて、今までみたいに強烈な生や性…

宛名のない期待

外の匂いが冴えざえとしてきて、肺に落ちると銀河色に輝いて底に沈みます。今は春か夏か、それとも別の何かに挟まれた名前のない時間の流れか。毛細血管の隅々まで群青色の組成式がゆきわたるがために、明日のさよならは偽薬と同じ。 流星を見たくて首を痛め…

冷え性夜明け前

2分で良いから話さなければならないと思ったのは後にも先にもあの時だけだった。腹の中からじくじくと焼かれるような激しい嫉妬だった。それはあまりにも記念碑的で、いつまでもいつまでもその滓のようなものが自分の内面に漂っているような気がする。 あな…

バラ色の日々よ

LINEの履歴が一気に消えて、そんなことでじんわり悲しくて、1日気分が良くなかった 文字でのやり取りの方にむしろ本音や自分の理想が詰め込まれている気がする。でもいろんなことが分からない。この人は何を言っているのか、何を目的としているのか、自分は…

暮らしに関する所感

正論で人を殴り続けてはいけない。正しいことで、否定のしようがないことで人を殴り続けたらそれはたしなめではなく制裁になる。暴力になる。 出来ない奴に合わせると、出来るやつが割を食う。助け合うこと、自分のできないことは相手がやってくれていて、相…

さよならの近似値

ぬくもりを求める手は祈る形をしている。缶コーヒーに重ねる手のひらは温まった先からぐんぐん冷えゆく。いつもグラグラで、他人に優しい自分を許せないみたいだったね。そういう自己矛盾に内側から蝕まれているようなすさまじい不器用さが良かった。温かい…

全部恋だと勘違いして左側を歩いた

もう9月も終わろうとしているの許せません。何も終わっていないのに季節はぐんぐん過ぎ去っていく。ムカつくよ。半年くらい前にお家を引っ越したので、いまのお家には屋上があります。お家の中で屋上が一番好きです。今日の夕方屋上で、金木犀のお酒を飲みな…

生きようと試みなければならない

それ以上何も考えられないくらい寂しくて頭に来たり、好ましい人を目の前にしていると鋭い刃物で身をえぐられるような切実な痛みを感じたりすることが日夜あるんですけど、そういう時自分が馬鹿に健全な器官だなと感じます。今では何かが確実に失われていて…

貴方の腕が地平線の全てでした

世の中のものを鮮明に見てしまうので、よくよく傷ついている。もっと解像度を低くして人間とか出来事を見られたら、こんな風に悩んだりしないはずなのに。 貴方といる時は時間が流れるイメージをずっと持っていて、耳とこめかみの間の空間で、時間がゴウゴウ…

prisoner of love

誠実に、きわめてただしく人を大切にしたいと思うんですが、本当にうまくいかない日々で参ります。ここ数日でドラマの「ラストフレンズ」を一気に見たんですが、錦戸亮にあまりにも感情移入してしまっていて、辛い。そのせいで人を愛しているとか、愛してい…

紫陽花のある木曜日

最近、芸術に対するうしろめたさがピークに達しつつあります。 芸術に、モルヒネ以上の何かを求める私ですが、みなさまは違うんだなってことをひしひしと感じる日々で参ります。アートで地域活性化とか、いつも言われてしまう。 私たちはいつだってラベル付…

腰椎に雨

手紙を書きたい。言葉に出来なくていつも持ち帰ってきてしまうものばかりが私を苦しめます。あなたに手紙を書くために、素敵な便箋を見つけるといつもどういうわけか買ってしまう。自分の生活や日常をお伝えしたりお聞きしたいと思うんですが、会えばいつも…

電車

ブロックは拒絶でミュートは無関心。昨日のことは昨日のこと。駅名はただの駅名。4時に授業が終わって、駅に着くのが4時半で、大宮を越えるのが大体5時すぎ。赤羽を超えて、変な名前の学園がどんどん遠くなる。7時には池袋につくけど、気持ちはすっかり肺の…

12番線

夏より秋の方が好きだって思うけど、冬も悪くないなって思ったりもする。車を手に入れてもどこにも行けない日々で、これはお弁当の本を買ったのにお弁当を作れないのに似ているんだ。怠惰と安堵。 自分のやりたいことが、どんどん正しい解釈をされていってし…

こういうものがある

好きなもの くたくたのブランケット、日曜日の早起き、青色、ベロアのりぼん、変な匂いの煙草、間取り図、料理番組、人のすり減った靴底、骨ばった指、くせ毛、目つきの悪い人、落ち葉を踏む音、午後の電車、カモミールとラベンダー、ウクレレ、何かに顔を埋…

午後2時6分

忘れるということを、意識的にしようとするのは不毛です。 精神に突き刺さるような出会いもだんだんと色褪せていくし それを食い止めることは不可能なんだ。 唇が切れるくらい笑ったり、姿を見ると息が出来なくなるくらい胸がつまったり、そういうスマッシュ…

明け方の匂い

上手くいかない思いが強い。生活が滞っている。誰かのことをどうでもいいやって思ったり、勝手に幸せになってよってムカついたり、誰か何かを切り離すたびに感情がこわばる。少しずつ剥離している感覚がある。 セックスやキスや関係は永遠にひとつひとつで終…

君の名は。を見あぐねている新海誠ファンの諸氏へ

「君の名は。」を観に行った。朝起きて、何も予定がないことに思い至って行った。 正直、「君の名は。」がこんなに話題になると思ってなかったし、こんなにヒットしちゃうの!?という驚きもあり、「商業主義に走りやがって!」みたいな変な心理も働いて、絶…

ここはハーメルンじゃない

私は今日100%だと思う。100%の女の子であると思う。 早く起きた、いい匂いのする服を着た、丁寧に洗顔をした、コーヒーを入れた、午前中に洗濯物を干した。当たり前のことをちゃんとした。ネイルをし直した。 何となく秋の匂いのする町で、ここの町花は金…

血がにじむ

続きにならないで一つ一つ終わっていく関係がやりきれない。人に何か望んでも人からは望まれない。所有されたい思いがあるけど渡されることはない。誤解して妄想して、もらったような気持ちになっているだけだ。満たされた思いがあるのは私ばっかりなのでは…

Love me do

隣人を愛してる!皆々様を愛したい!って思うときと、愛なんて知ったこっちゃねえ!って思いながら、缶を蹴とばしたいときとがあります。あいしてるってみんなでちょっとずつ分け合って、それでも笑っていられること?許し合うこと?優しくし合うこと? お休…

2時25分

安心したい誰かのせいで、いつも安心できないのは自分です。何もかもほしいって思っても、何にも手に入らない。こんなにだれとでも話せるツールがあるのに、誰とも繋がれないのはどうしてなの?みんなだいきらいでみんなしんじゃえって思っても、次の日には…

階級からの脱出

就職したくない、誰かに雇われないで生活したい、何もしたくない、何かを成し遂げないと面白がってもらえない、綺麗でいなきゃ好かれない、不細工でも認められたい、努力できないのに大口叩く自分が憎い、みんなのことが嫌い、みんなのことが好き、西洋美術…

雨が降らない

来世で会おうはロマンチックじゃあない。ロマンチックっていうのはさよならした人の匂いを思い出せなかったり、地名にべったり張り付いた記憶のせいで一瞬焦点が合わなくなったりすること。そんなやっかいな感情をもて余すせいで肺がアルカリ性から酸性にな…

世界が一点透視図法の中心で最高速度になった話

今日のブログが、不幸をひけらかすものになりませんように。なぜなら私は幸せだから。努めて正確に書けますように。これは懺悔じゃない。反省でもなく感傷でもない。 ずいぶんと早く来いと言われて、目に雪が刺さるなあ、私は絶対カイみたいなのにゲルダはい…

入獄記念

悲しみがそこかしこに積もって、きちんと息をすればするほど何もかも残酷です。鼻から入る冷気が瞳の奥をひどくばらばらに破壊して、涙なんて綺麗なものは出なくなった我々の目にただ一つの希望を与えたようでした。 私はこの人になりたい!この人になりたい…

脊髄文

2015年の1年間をかけて分かったのは、私は人間というものがすこぶる好きなのだということです。批判されて指摘されることでしか、自分は成長できません。悲しいくらいに平凡です。革命家の素質は、話してるだけで人を楽観的な気分にさせてしまうことだと、そ…

サティスファクション・オールグリーン

ダンボールで指が切れてそれがとっても嬉しい気分を運んでくるのってわかる?傷とか跡とか血液は愛だよ。まぎれもなく愛。重たいものはみんな愛。最初はじくじくして痛くて、でもそんな痛みもだんだん身体の中に取り込まれていっていとおしくなっちゃうの。…

霧散する青

みんないったいどこに行ったの?ってしくしくした気持ちのまま夏が終わった。毎日なんとなく忙しくしてなんとなく電話もしたり手紙を書いたりそんなことを繰り返して、まるで言葉から発露されている細くてぴかぴかした糸みたいな引力だけをよすがにして、日…